キャッシングで意識しなければならない問題

キャッシングで意識しなければならない問題は当然返済計画です。

 

支払いに遅延したら遅延損害金を支払いしなければならない?

 

支払いに遅れれば、私達は、遅延損害金を支払いしなければならないことになります。金利ばかり意識を囚われていると、遅延損害金というものに意識が行かないかもしれません。
延滞しても、金利を支払いすればいいと思っている人たちも多いのかもしれませんが、遅延すれば、元金の返済、利息の返済、かつ遅延損害金を支払いしなければならないと言うことになります。

 

遅延損害金の上限利率は20%

 

そして、キャッシングの場合、遅延損害金の上限利率は利息制限法によって20%ということになります。キャッシング会社は、20%以下でもいい訳ですが、延滞の顧客に容赦などあるはずがありません。20%一杯で遅延損害金を設定しているところがほとんどでしょう。

 

遅延損害金は日割り計算

 

遅延損害金は日割りで計算します。だから、毎月キャッシングの返済を一ヶ月単位で捉えている人たちもいることでしょうが、延滞している場合には、一日単位で対処しなければならないです。それは、一日でも早く延滞を解消しなければならないサインです。

 

なぜ延滞してしまうのか

 

どうしても延滞をしてしまう人たちもいます。突然、事故や病気が襲うかもしれません。
しかし、大方、延滞する人たちは、借り入れの段階で延滞してしまうことが想像出来るケースも多いのです。
最初から返済のことなど意識しないで借り入れする人たちもいます。借り入れと返済は時間がずれているから、意識しないでも借り入れは出来てしまうのです。
しかし、それは決してキャッシングをする人たちの正しい姿勢ではありません。

 

なぜキャッシングをしなければならないかもう一度自分に問いただす

 

大事なことは、借り入れ時に、自分は本当に借り入れてしても大丈夫か判断することです。月々、いくらまでなら間違いなく返済出来るのか、具体的に計算をしましょう。
そして、最終的に大事なのは、今、あなたが本当にキャッシングをしなければならない理由です。キャッシングしなくて済むのなら、キャッシングは控えるべきです。
ただし、キャッシングをしないことによって、目の前にあるチャンスが逃げて行ってしまうかもしれません。キャッシングしないことが逃げの姿勢かもしれません。もう一人の自分があなたを審判しなければなりません。