間違った情報が登録されている可能性もある

jdaという機関では、個人の信用情報を取り扱っています。加盟している業者が情報を定期的に登録しているのだとか。そこで、情報を集めて、次にその人がクレジットカードを作るときやものを買うときにローンを組むときなど、信頼できる人なのかを問い合わせて確認するという仕組みになっています。
信用情報に関しては個人が開示請求をして確認することができます、jdaで開示請求をしておくと、次にクレジットカードを作るときなどは安心ではないでしょうか。
でもじつはそれだけではありません。自分の信用情報を見て、間違っているところは訂正をすることもできます。もちろん一言いうだけで変えられるものではないですが、明らかに事実と異なっている場合は問い合わせをして訂正を求め、その情報を登録している業者に対してjdaのほうから問い合わせをして、間違っている情報と認められれば訂正されます。
間違った信用情報のせいで自分のクレジットカード審査が落ちるなんてことあってはいけないことなので、きちんと自分で確認をしておきましょう。