三井住友銀行カードローンについて

三井住友銀行カードローンをおすすめします。
なぜ多くの人たちが三井住友銀行カードローンを求めているのかと言えば、これは三井住友銀行のカードローンであり、 最初から信頼出来ることが判っているからです。
三井住友銀行グループと言えばカードローンのプロミスも、モビットもそうなのです。しかし、プロミス、モビット以上三井住友銀行カードローンには熱い期待が注がれています。

 

プロミスとは違う

 

似ていたとしてもプロミスと三井住友カードローンは違います。それはプロミスが貸金業法にしたがって運営しているのとは違い三井住友銀行の場合、銀行法に違う銀行カードローンと言うことになります。したがって総量規制対象外と言うことにもなります。金利の14.5%という事でかなり優位に立つカードローンです。

 

三井住友カードローンは返済も便利

 

三井住友銀行本支店内に設置されているローン契約機ACMで楽々契約も可能です。
返済も、銀行のATMが利用出来ることが強みです。ATMはそれだけでなく、セブン銀行、ローソンATMと、E−netも使用出来ます。更に振り込みでの返済方法、口座振替の方法があります。

 

SMBCダイレクト

 

更に注目はSMBCダイレクトを利用している人たちはお手持ちのキャッシュカードでキャッシングが出来てしまうのです。このことだけでも三井住友カードローンはかなり便利だと判ります。

 

三井住友カードローンの限度額

 

三井住友カードローンでは、借り入れ額がなんと800万円です。これは、やはり、中小企業の消費者金融には真似が出来ない事です。実際に誰でも800万円借り入れ出来る訳ではありません。
しかし、経営母体の強さをこの額より推測出来ます。三井住友カードローンは安定基盤から、このような貸し出しが可能となります。

 

三井住友カードローン申し込み必要書類

 

三井住友カードローンの申し込みをする為に、本人確認書類が必要です。運転免許証・健康保険証・パスポート、更に顔写真付きの住民基本台帳カードになります。
300万円までなら、収入証明書も不要です。ここにも、総量規制対象外の銀行カードローンの強みがあります。三井住友カードローンには支払いの時に便利な方法があります。出来れば、そのような事はないように注意はしていただきたいものですが、それでもついつい引き落としをミスすることは起こることです。延滞に対してカードローン会社はシビアで、すぐにカードは止まってしまうものです。

 

自動融資とは、 残高不足で引き落とせなかった時に、自動的にカードローンから借り入れて支払いする方法です。三井住友銀行の口座があれば、そのような便利なサービスを利用することも出来ます。